失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

2011年も自殺者は3万人を超える見込み

2011年12月6日に警察庁が発表した今年の累計自殺者数は28391人。

このペースだと、12月で3万人を超える見込み。

平成10年から続いているという「年間自殺者3万人超」。

平成10年に何があったかというと、日本長期信用銀行と日本債券信用銀行の破綻。

そして、完全失業率は4.1%となった年ですね。

自殺者が年間3万人を超えている14年間を簡単にまとめ

自殺者が年間で3万人を超えているここ14年間の社会の動きを要点だけまとめてみました。

  1. 1998年: 完全失業率4.1%。
  2. 1999年: 完全失業率4.7%は過去最悪更新。派遣法改正。
  3. 2000年: 引き続き完全失業率4.7%。
  4. 2001年: 完全失業率5.0%は過去最悪更新。
  5. 2002年: 完全失業率5.4%は過去最悪更新。
  6. 2003年: 完全失業率5.3%と少し改善。
  7. 2004年: 派遣法改正。
  8. 2005年: 犯罪件数は減少傾向へ。
  9. 2006年: 自殺対策基本法が成立。
  10. 2007年: 完全失業率3.9%。
  11. 2008年: 非正規雇用が急増。
  12. 2009年: 完全失業率5.1%。
  13. 2010年: 完全失業率5.1%。

「失業率」が高いことがやはり最大の原因ですね。

自殺者数は警察が判定した数字

あと、この3万人という数字もあくまでも警察が「自殺判定」を行った人数。

実際はもっともっと多いのかもしれません。

「自殺社会」から「生き心地の良い社会」へ
「自殺社会」から「生き心地の良い社会」へ

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい