失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

「第二新卒者」の定義を再確認。

就職活動で目にする「第二新卒」という言葉。

どういう立場の求職者を指すのか、確認しておきましょう。

「第二新卒」という言葉に、決まった定義はないようですが、一般的には下記の求職者を指します。

『社会人経験3年未満の若手の求職者』。

ここで重要なのは、年数は短期であっても、『社会人経験有り』の部分です。

この『社会人経験有り』の部分が、いわゆる「既卒者(社会人経験無し)」と分けられるポイントです。

最近では、労働市場の流動化により、3年以内に離職する、すなわち「第二新卒」となる人は"3人に1人以上の割合"にまで増加しているようです。

企業側は「第二新卒」をどう評価しているか

企業側も、最近では「第二新卒」の採用に積極的になっています。

そもそも終身雇用が崩壊しています。

そんな中、就職後の企業とのミスマッチを感じた後に離職し、自分の適正と合った企業への転職活動を行なっている「第二新卒者」を評価する企業も増えてきました。

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい