失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

「既卒者」の中でも、どうしても不利になってしまいがちな理由の例。

厳しい求職活動となる立場の「既卒者」。

自分の怠惰な行動による理由が原因では企業側もマイナス評価を出す傾向にあります。

企業の採用担当者から見て、どうしてもマイナスイメージを抱いてしまうのが下記のような理由を挙げる既卒者。

  • 気分的に就職活動をする気になれなかった
  • 最初は就活をしていたが、厳しい状況に途中であきらめた
  • 大学生活での遊びに夢中で、就活は後回しにしてしまった

こうした本人によるネガティブな理由により、就職せずに「既卒者」扱いになったケースの場合、企業側も厳しい態度を取ることが多いです。

ただ、これも今から学生時代の生活を変更することはできませんので、就職するにあたって、『社会人になるんだ』という気持ちを強く持ち、就職活動を行なっていきましょう。

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい