失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

企業が求める人材像を洗い出したら、それを自分の職務経歴に当てはめて考えてみる。

企業側が判断しやすいように、企業の求める人物像に自分を当てはめてみましょう。

就職はあくまでも「自分」と「企業」のマッチングです。

であるならば、面接を受けようとする企業の『求める人材像』の洗い出しが大切ですよね。

このことは当サイトの記事『企業が求める人物像「合格ゾーン」を求人情報から確認する』でも触れています。

自分の過去の経歴を企業の人材像に当てはめて考えてみる

次のステップは、今までの自身の経歴・スキルが応募先企業の「求める人物像」とどう当てはまるか、ニーズと合致するかを考えてみましょう。

例「営業ができる人材」を求めている企業を受ける場合

"営業センス"を企業側が求めている場合、自分の過去の経歴に「営業経験」があれば、当然それをアピールするのが一番です。

また、必ずしも「営業職」でなくとも、「接客業」でもアピールできないだろうか、と考えていくといいでしょうね。

例「人間関係を構築できる人材」を求めている企業を受ける場合

卒業して間がないのであれば、学生時代の部活動・サークルで『先輩・後輩の橋渡しをやっていた』などの話でもOKでしょう。

社会人経験があるのであれば、仕事関係の話も入れるべきでしょうね。

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい