失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

面接官が表情などから汲みとる情報のポイント

面接官は、面接の全体を通じて、応募者のココを見ている。

面接官も人間です。

人間は、コミュニケーションの際に、言葉だけではなく、顔や身体などの部位からプラス面・マイナス面の様々な情報を相手に提供しています。

具体的に面接官が見ているポイント

ここでは、面接官が応募者の顔や体から見ている情報を具体的に確認してみましょう。

応募者が「自分のことを話している」時
面接官は「応募者が自分に自信を持っているか?」を見ている
応募者が「会社への質問をしている」時
面接官は「応募者が本当に会社に興味を持っているか?」を見ている
応募者が「会社への質問の回答を聞いている」時
面接官は「応募者の面接への真剣さ」を見ている
応募者が「会社から自分のことを質問された」時
面接官は「応募者の今回の応募についての意欲」を見ている
応募者が「入退室などで会社の他の人間と接している」時
面接官は「社会人としてのビジネスマナーがあるかどうか?」を見ている
応募者が「自己PRを話している」時
面接官は「応募者のパーソナリティ」を見ている
応募者が「面接を通して面接官と会話している」時
面接官は「応募者が持つ全体的なコミュニケーションスキル」を見ている

面接官・人事担当者はこれらを通じて、応募者の最終的な可否を決定します。

受ける側の応募者も、相手に与える印象を考慮して発言・行動することで相手の面接官に好印象を与えるよう努力したいですね。

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい