失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

面接における「緊張・あがり」に陥りやすい人の特徴

面接と訊くと誰しもが感じる「緊張感」。

それを解きほぐすために「緊張しやすい」人の特徴を考えてみます。

「あがり」は、短所と言うよりは、人間の本能に近い現象です。

というのも、知らない人や知らない場所で、なおかつ状況が緊迫しているのが「面接会場」の常です。

このような空間にいれば、本能的に人間は「警戒態勢」に入ります。

ということは、誰にでも起こりうる現象ということですね。

面接での「あがり症」

一般的に「あがり症」として現れるのは下記。

  • 赤面症
  • 手足の震え
  • 状況判断の低下

これが、面接中の緊張感の中、『厳しい質問を浴びせられる』ことや『面接官の冷たい対応』などで、緊張に拍車をかけるケースがあります。

「緊張・あがり」やすい人の特徴

実際に、「緊張しやすい・あがりやすい」人の特徴を見てみましょう。

責任感が強い
面接を完璧にしなくてはならないと思っている
真面目な性格
面接に失敗してはいけないと思っている
感受性が強い
相手の見せる表情から不必要な情報を受け取ってしまっている

"あがり症"を克服するために、まずは特徴を知るところから始めましょう。

関連する失業生活・就職ノウハウ

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい