失業生活・就職ノウハウのカテゴリ

最新の失業生活・就職ノウハウ

月別の失業生活・就職ノウハウ

2011年12月に投稿された失業生活・就職ノウハウ一覧

5年を超えて働いた場合、期間を限定しない「無期雇用」に転換できる制度を法改正案へ。
非正規雇用を減らすため、政府は5年を超えた場合、企業側に「有期雇用」から「無期雇用」へと転換させるための制度を求めるようです。
求職活動者としての自分にあった「転職サイト」を選ぶことが就活のスタート。
自分の希望条件を満たした求人を掲載した転職サイトを利用することを心がける。
面接は「企業側にアドバンテージがある」と認識した上で臨む。
面接に臨む心理状況を確認してみましょう。
面接官が表情などから汲みとる情報のポイント
面接の際のコミュニケーションスキルにおける「面接官の見ているポイント」を把握する。
面接中に応募者が伝えている情報の接点。
応募者が気をつけておきたい無意識的に面接官へ伝えてしまう情報源。
企業が求める人材像を洗い出したら、それを自分の職務経歴に当てはめて考えてみる。
自己分析のひとつとして、自分の経歴を企業の求めているスキルに当てはめてみる。
「既卒者」の中でも、どうしても不利になってしまいがちな理由の例。
既卒者となってしまったときの理由が悲観的な理由の場合、不利になってしまいがちです。
借入金の返済猶予を受けながら倒産する企業が増えている。
融資の延命措置を受けてもなお倒産してしまう形の「企業倒産」が増えています。
弁護士でさえも就職難、資格だけでは就職できない時代
資格だけで就職ができるわけでもない。
企業が求める人物像「合格ゾーン」を求人情報から確認する
面接合格レベルに到達するための情報として、求人情報から「求める人物像」を考えてみましょう。
1  2  3

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい